仙台ホームページ制作
仙台ホームページ制作 日本情報技術株式会社 > SEO対策の基礎知識

SEO対策の基礎知識

SEO Knowledge

検索エンジンとクローラーSEO対策

検索エンジンは動的ページを嫌います。動的ページとは不動産のサイトや中古車サイト、求人サイトなどのシステム化(膨大なデータを扱うサイトや、常に情報が変化するサイト)されたサイトなどで使用される「条件検索において該当した結果をはじき返す状態」やホームページのコンテンツ部分のみが入れ替わる仕様の状態をいいます。 クローラーは多くの場合、動的ページをインデックスしない。理由は上記のように動的ページには複数パラメーターがついているものの、このパラメー ター自体は異なるページであっても表示されるコンテンツの大部分は同じである場合が多い。もしクローラーが個々の動的に生成されたページの URL を巡回していくと大部分は同じコンテンツにも関わらずURLパラメーターだけが異なる数千ものページをインデックスしなければならなくなる(クローラートラップ)からです。※動的ページの例: URLに「id、&、?」などが含まれているサイトです。

ページ数と検索エンジンの関係

Relationship of the number of pages and search engine

SEO対策とページ数

検索エンジンはサイトのページ数が多ければ多いほど大規模なサイトでありコンテンツが充実しているサイトであると認識しています。だからと言って関係のない記事(ブログ)等をサイト内にぶら下げて大量生成すればいいかというとそういうわけではありません。(ブログにはブログ様のSEO対策が必要)その他、ブログ以外のサービス内容等の静的なコンテンツボリュームが最も評価されます。 また、単にページ数だけではなく、そのページを格納するフォルダー数も関係しています。フォルダー数が多くその中に格納されているページ数が多い方が高評価されるのです。

※注意:フォルダー数が多くても中に格納されたページ数が各1ページではマイナス評価となります。

【参考】競合サイトに勝つためのページ数
SEO対策を考え競合サイトに勝つには競合サイトと同等、もしくはそれ以上のページ数が必要です。キーワードでの目安は検索数10.000に対し約15ページは最低必要です。

リンク数と質

Number of links and quality

キーワードとサイトリンク数と質

検索エンジンは他サイトからのリンク数が多ければ多いほど高評価します。リンクはそのサイトへの支持投票として認識されリンクによりそのキーワード要素を継承していきます。例えば和食のサイトを運営していたとします、他サイト(洋食)からリンクを1つもらいました。同じく他店の和食サイトからもリンクをもらいました。この場合、和食と洋食サイト2サイトからリンクをもらったわけですが、要素としては同じキーワードである「和食サイト」からのリンクの方が強い要素として検索エンジンから評価されます。検索エンジンは同じキーワードからのリンクを高評価する傾向があります。 その他、リンクの質をもみます、質とはそのサイトの被リンク数(他サイトからのリンクの数)とそのサイトから出ている他サイトへのリンク(投票)、その他、サイト自体の評価全てから成っています。つまり、違反をしている様なサイトや放置状態のサイト、htmlエラーがあるサイトなど検索エンジンからの評価が低いサイトへリンクをすると自分のサイトも検索エンジンの検索結果で下降してしまいます。つまり「リンク=支持投票」であるということです。(リンクされるのは問題ではありません。評価の低いサイトへリンクするのが問題です)

検索エンジンの特性

Characteristics of the search engine

検索エンジンの特性とキーワード

検索エンジンは文字などのテキスト要素を読み込んで「どの様なサイトであるか」を認識しています。サイトの文字を読み込み文字をキーワードとして変換します、文字=名詞・接続詞・動詞など文を読み取り、なお且つ重複する言葉は重要なキーワードとして出現頻度としての計測をし、そのページ内にある最も多い文字列等を「そのページの伝えたい内容」である。と認識して検索順位に掲載します。つまり、検索エンジンは画像等は認識できず、文字のみを認識するということはサイトの大部分が画像で出来ていては検索エンジンで上位表示することは困難であるということです。美しいサイトは対照的な色使いであったりグラデーションであったりと画面全体を画像で囲みがちです、この様なデザイン重視であると上位表示は難しいでしょう。また、人間の眼には一つのサイト(ページ)に見えていますが、検索エンジンには全て文字列でしかありません。例えばリンクタグ、「ああああ」というリンクであれば<a href="http://XXXXX.com">ああああ</a>というタグになります。この様に全てhtmlという言語で作られています。つまり、サイトのデザインで重要なのは見た目だけではなく検索エンジンが読み込む順番にデザイン(html)を書かなければならないということです。重要なキーワードや文字列を読ませながら綺麗なデザインにしなければWEB上から集客することは難しいでしょう、また、単に綺麗だけではなく集客に繋がるボタンの配置やお問合せへの落とし込みを考慮した設計でなければならないのです。

やってはいけないSEO対策

Characteristics of phosphorus search engine

SEO対策とSEO対策スパム

検索エンジンはキーワードを拾い上げ、その密度や出現頻度を計測してどんなサイトなのかを認識する。検索エンジンにヒットさせたいからといってキーワードを入れ過ぎる(1ページの文字構成が500だとして、キーワードが200、300などキーワードを入れ過ぎる)とスパム(違反)扱いとなる。スパムにはレベルがあり一番厳しいスパムではドメイン名で検索しても表示されなくなります。 素人でも出来るSEO対策という書籍も沢山ありますが、それを鵜呑みにして作業を行いスパムとなり何とかしてほしいという問い合わせや修正依頼を頂くこともあります。

SEO対策サービスメニュー

SEO対策サービス SEO対策の流れと必要性 料金表とSEO対策実績 SEO対策の基礎知識
SEO対策

無料SEO診断フォーム

SEO Diagnostic form
お名前
ふりがな
Eメール
Eメール(確認用)
電話番号
診断希望サイトURL   例) http://wwwjapan-it.co.jp/
お問合せ
内容入力欄