仙台ホームページ制作

仙台ホームページ制作日本情報技術株式会社 > 新規ホームページ制作

新規ホームページ制作

Create a new

利益追求型のホームページは当社へお任せ下さい

不要な予算はかけないかけさせない

客様の多くはインターネットで集客がしたい、しかし、素人が作った様な安っぽいホームページでは効果が出ないし、だからと言ってネットでどれぐらい集客 できるか確信がないので大きな予算は出せない、出来れば初期投資を抑えて成果が出始めてから投資していきたい。という方が多いです。ホームページはもちろん、最低限度のデザインや構成は必要ですが、必要以上のお金をかけても、かけたぶんだけの集客ができるものではではありません。
インターネットでの集客は検索キーワードでどれぐらいの集客が出来るか最初から見当はついているものです、もちろん、様々な検索キーワードにヒットするように多くのページを準備すれば、それだけ多くのユーザーを集客することは可能です。1キーワードで1000人を集客できるとした場合、予算を落として3つのスモールワード(1キーワード400×3=1200)を追いかける方法もあります。
当社では初期投資を抑えるのはもちろんの事、その後の運営で「時間とお金」がかからない様に制作しお客様をバックアップ致します。
今、お客様に必要なホームページの規模、扱う商材と目標キーワードを比較して的確なアドバイスをさせていただきます!

集客に必要な要素をまとめる

ホームページとターゲットユーザー

ホームページを開設するにあたり貴社(あなた)が掲載したい情報や写真などがあるけれど、まずは何からどうすれば良いか?説明用の文章はこれでいいか?など悩むと思います。まずは内容をまとめることから始めます。

1.ホームページの目的=コンセプトを明確にする

会社案内、商品紹介、商品販売など何を主に見せたいのかを明確にする。
コンセプトが明確でないホームページはユーザーからすれば「何を売っているのかわからない」「情報が多すぎて要素が見えない」と判断されるからです。

2.ユーザー層を考える

ユーザーは男性か女性か?両方か?年齢は?主婦かビジネスマンか?取り扱い商品と関連する商品を好むのは女性か男性か?今のトレンドと今後のニーズは?などターゲットユーザーから得られる情報をまとめる。これがホームページ制作ではトップページやその他のページの「説明文・写真・イラスト」などのデザインやレイアウト構成にかわります。

見やすい構成に

1.カテゴリー分けがポイント

グループ分けされたカテゴリー

ホームページを作るにあたりカテゴリー分けは重要な内容です。何故、重要か?一つはホームページに訪れたユーザーがページを読み進めるにあたり「このホームページは何を言いたいのかわからない」「結局、何が売りなの?」などカテゴリー分けが悪いと見せたい要素をユーザーに見せられない=利益に繋がらないのです。検索ユーザーの多くは求めている情報があるかないかを数秒で判断し画面を閉じてしまいます。
カテゴリー別け=グループ分けということです。「会社情報のグループ」「商品情報のグループ」「個人情報やお問合せのグループ」などユーザーが即座に分かる様なグループ構成にしなければなりません。また、ここで注意したいのは社内で運用する在庫管理サイトではなく一般ユーザーをネット上から集客すると考え る場合は企業側がわかりやすいグループ分けではなくユーザーがわかりやすいグループ別けでなければなりません。

当社では貴社(あなた)の同業他社のホームページ(同地域以外に日本全国)を約3日間かけて調査・解析を行い他社で共通する点やポイントを調べ、他社以上の効果的な見せ方や手法を織り交ぜながらご提案致します。他社のWEB業者の様に文章や写真素材を頂きお客様から聞いた話や頂いた文章で構成(お客様間での満足だけを追う)するという流れではなく、その業種ごとの見せ方やトレンド・ニーズを制作する我々が一番知らなければよい物はできないと考えるからです。(商品知識をお客様と同レベル、それ以上まで得てから構成のアドバイスをしなければ本当に最良とは言えないと考えるからです)

検索エンジンを意識したカテゴリー別け

カテゴリーとキーワード

YAHOOやGoogleなどの検索エンジンはホームページのカテゴリー(カテゴリー別け)をキーワードと認識します。
同じフォルダー内にあるページは共通のキーワードであると認識します。このページで言えばホームページ制作がメインのページです。このページの大部分が料 金案内の説明であった場合、検索エンジンは異なるキーワードのページが存在(混在)すると認識してしまうのです。つまり、検索順位にも影響するのです。 後々、ホームページが大きくなった際にカテゴリー別けに苦しみ情報が混在する様になるとリニューアルの際に余計な費用がかかったり検索順位が降下する結果 も招きます。その他、ホームページ内で繋がれたリンクも同様で検索エンジンはリンクされたページは関連性のあるページと認識します。

サイトマップ

写真素材の準備とサイトマップ

いつもお客様にはうまく説明できているけれどホームページ用の説明文章となると難しいという方が殆どです。当社ではお客様が思う様に書かれた文章を見直してご提案致しております。「ここの文章はあそこと重複していますが強調ですか?」「ここにこの文章があるより後列に回した方が写真と連動してイメージし易いのではないでしょうか」など共同作業として行います。
写真素材はお客様が保持されている素材も使うことが可能ですが当社で使用している素材集を使う事も可能です。文章や素材を用意するのも大変ですので打ち合わせの際にお気軽にご相談ください。
カテゴリー別けが終了したらサイトマップをつくりホームページ全体の構成を確認します。全体のページ数や構成を直感的に確認することもできるので制作中のやり取りもスムーズになります。

検索エンジン対策を行い最も購買意欲の高いユーザーを取り込む

ホームページを検索エンジンへ(YAHOO)にヒットさせるSEO対策

一般的にインターネットからの集客ではYAHOO/Googleなどの検索エンジンから集客できなければ大きな成果は望めません。
目標となるキーワードで上位表示できる様に当社では世界標準に準拠した制作(W3C基準)を致しております。
SEO対策(検索エンジン対策)は標準装備で無料となっております。当社ではYAHOO!JAPANにおいて10位以内に100キーワード以上、上位表示させた実績があります。
また、ホームページは動と静で例えると静にあたります。検索エンジンにヒットさせたユーザーからの問い合わせを待つ。静の弱さは情報発信の弱さと更新頻度の弱さ です。そこで当社では動となる無料ブログを使い多くのユーザーを引き込む手法をご提案致しております。1名で1日数回の更新(作業時間7分/回)を行い約 2年で1000万程の利益を上げた実績もあります。
無料ブログをカスタマイズしブログ内にホームページへ誘導するボタンを設置します。その他、この無料ブログもSEO対策しホームページ同様に検索エンジン にヒットさせ上位表示させます。キーワードによっては検索結果の1ページ目の半数を埋める事も可能です。

ホームページ制作サービスメニュー

制作に対する考え方新規制作リニューアル 制作の流れ更新管理制作料金表スマホサイト制作

お見積りフォーム

Quote form

お名前
ふりがな
Eメール
Eメール(確認用)
電話番号
参考サイトURL 1   例)http://www.abc.com/
参考サイトURL 2
参考サイトURL 3
希望ページ数   ページ
お問い合せフォームの項目数   項目
現行ホームページのURL   ※リニューアルまたは現在ホームページがある場合はご入力ください。
備考